toggle
プラスチック加工・成形・塗装 | 有限会社ユーテック
you-t.jp

ユーテックとは

有限会社ユーテックは、外観意匠部品を得意とするプラスチック射出成形メーカーです。

なかでも、インモールド成形(IMD)・フィルムインサート成形(IML)技術を駆使した、高品位な加飾部品や光学部品に特化しております。
もちろん、塗装・蒸着・印刷といった二次加工を施す成形品にも対応しております。
創業以来、培ってきた高い技術力と顧客第一主義の精神でニーズの多様化にも柔軟に対応し、高品質なモノづくりを続けてまいります。

事業内容

インモールド成形(IMD成形)

インモールド成形とは、フィルムに印刷された意匠を射出成形の金型内に挟み込んで射出することにより、樹脂表面へ転写する成形方法です。射出成形と同時に加飾することで、工程を大幅に減らすことができ、低コストで量産することが可能になります。

 

フィルムインサート成形(IML成形)

昨今の自動車内装などの高品位デザインに対応すべく、ライフモールドでは車載向け内装パネルなどのIML成形(フィルムインサート成形)に力を注いでいます。
印刷柄の入ったPC・PMMAなどのフィルムを真空成形でフォーミングし、外形を抜き、一体成形する工法です。
従来のプレスフォーミングに比べ、より複雑な三次元形状に対応でき、デザインの自由度が高いのが特徴です。
また、成形品の塗装・印刷といった二次加工の工数も大幅に削減できます。

 

薄肉成形

製品の小型化・薄型化に大きく貢献する薄肉成形技術。
近年の携帯電話やウェアラブル端末などの軽量・薄型化には、プラスチック部品の軽量・薄型化が大きく貢献しています。
ライフモールドでは、長年、この薄肉成形技術に取り組み、1998年の0.6mmを切る事からはじまり、現在では0.2mmという超薄肉成形を実現しています。

 

外装成形

安定した精度の成形品を生み出すためには、微妙な環境変化をも考慮した樹脂の温度・圧力・速度等の調整が必要になります。
弊社では、これまで培ってきたノウハウ・経験をもとに、厳しい品質管理体制のなか、安定した最高の成形品を生み出します。

 

金型加工

成形品の元になる金型。金型の出来栄えが成形品の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。
ライフモールドは元々金型加工業からスタートした会社ですので、金型設計・加工技術には自信があります。
成形品情報をフィードバックさせたノウハウで作り込む金型は必ずやお客様の要望を満足させます。